下北沢ふしぎ指圧

特集"

画像でわかる!首こりに効く肩甲挙筋のストレッチ

今日は首の横のストレッチ。ここも首から肩につながる「肩甲挙筋」(けんこうきょきん)、それから肩こり筋でおなじみの「僧帽筋」が走っています。

「肩もこっているんだけれども、むしろ首が気になる」という人には特におすすめのストレッチです。

肩甲挙筋のストレッチ

1.左手を右の頭の横あたりに添える
2.右手は椅子の座面などを持って、右肩が浮き上がらないようにする
3.左手で頭を左にゆっくりと倒す
4.左右を逆にして行う

s-yy140602_0150
写真では耳の少し上あたりを持っていますが、掌で耳を包み込むように持つのもおすすめです。さらに深くなるので、物足りない人はそうしてみてください。
s-yy140602_0151椅子を持っちゃうのがポイント。肩が浮き上がらないから、首の側面がよく伸びます。床に直接座ってやる場合は、手を床とお尻で挟み込んじゃいましょう。

人気ナンバーワンストレッチ!

「Tarzan」ってありますよね。オシャレな身体雑誌です。この間、ストレッチ特集をやっていました。

Tarzan特別編集 100人のトレーナーが選ぶ 本当に効く ストレッチ! (マガジンハウスムック)

そのまとめ方がなんだかおもしろくて「100人のトレーナーにどのストレッチが効くかヒアリングして、ランキング形式で出して行く」というもの。その中でも断トツの一位がこのストレッチでした。首の可動域をめいいっぱい使うことができるので、よく伸びるんですよね。

Tarzanには95%が支持していた、と書いてあったのですが、逆に支持しない5%のマニアックな意見も聞いてみたいです。

The following two tabs change content below.
斎藤充博

斎藤充博

国家資格取得の指圧師。下北沢ふしぎ指圧の運営と施術をしています。デイリーポータルZなどインターネットでも記事をたくさん書いています。