下北沢ふしぎ指圧

特集"

画像でわかる!肩こりと頭痛に効く僧帽筋のストレッチ

多くの人が抱えている「肩こり」。

肩こりの原因となる筋肉「僧帽筋」は首から肩を経由して背中までつながっています。肩こりは「首こり」でもあるのです。ここが固くなりすぎると頭痛を引き起こすことも(緊張性頭痛)。

首を動かして肩こりをやわらげましょう。やり方はチョーかんたんです。

僧帽筋のストレッチ

1.両手を後頭部でかるく組む
2.そのまま頭を下に倒す

s-yy140602_0159

息を吐きながら、気持ちいいくらいのところで伸ばしてください。

s-yy140602_0165

横から見るとこんな感じ。背筋は伸ばしておいて、背中ごと倒れないように。

s-yy140602_0154

真っ直ぐ下だけではなくて、少し斜め下方向にもやってみてください。身体はそのままにして、顔だけ45度位横を向いて倒す。

伸ばされる場所が少し変わりますが、ここも僧帽筋です。真下にやるよりもこっちの方が気持ちいいかも。

頭は重い!

人間の頭の重さって、だいたい体重の8~13%っていわれています。10%として、体重60キロの人だったら、6キロ。ちょっとした鉄アレイぐらいありますね。


キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 鉄アレイ5kg MH-7006

これをメインで支えているのが僧帽筋なんですが、そんなにでかい筋肉じゃない。とくに長時間のデスクワークでは頭の位置が前方に行ってしまうことが多くて、負担がかかりがちです。首でずーっと鉄アレイ持っていると思うと、デスクワークも肉体労働って感じですね。

The following two tabs change content below.
斎藤充博

斎藤充博

国家資格取得の指圧師。下北沢ふしぎ指圧の運営と施術をしています。デイリーポータルZ、みんなのごはん、エキサイトレビューなどで記事も書いています。