下北沢ふしぎ指圧

特集"

Vol.4 貼り薬の貼りワザ

こんにちは、薬剤師のみわです。コラムも今回で4回目。今日はまた湿布薬の話をしようと思います。皆さんが使っているその湿布、正しく使うことが出来ているでしょうか?

貼る枚数

医療保険上では、1部位につき湿布1枚を使うことが適正とされています。だいたい14×10~20mm程度のもの、部位によってはそれよりも小さなもので事足りることも多いです。

ですが、痛いからって体中に貼りまくってしまう方も多いのですよね。

4-1
全然駄目な例

外用薬だから、局所作用だからと湿布を舐めてはいけません。実は、湿布の中には7枚以上貼ってしまうと、内用薬換算で常用量を超えてしまうものもあります。皮膚障害だけでなく、肝臓や腎臓などに副作用が発現する可能性も出てくるのです。

適切な量を適切に使用することが大事ですね。

可動域を考慮して貼る

肩・肘・膝などに使う場合は、真ん中に大きく切込みをいれましょう。横にも切込みを入れると、ヨレが少なくなります。

4-2

指先に使う場合は細く切ってクルクルと巻きつけましょう。

4-3

指元のような複雑な場所でも、こんな風に使うことも出来ます。可動域を考えて自由に切って貼りましょう。

4-4

首に貼る時は切込みを横に入れて貼ります。
この場所は嫁入り前の私では写真モデルになれませんので、この方の首を使わせていただきました。

4-5
ネック

かぶれ対策をして貼る

小さく切って隙間をあけて貼るだけで、空気に晒される場所が増えるため肌への負担が減ります。リンゴのネットのように、網目状に切るのも有効ですね。

4-6

粘着力で肌が負けてしまう方は、薄く裂いたティッシュやガーゼを間にかますのも良いでしょう。

有名な貼り方で貼る

サロンパスのCMで有名な、介の字貼り・ヒラメ貼り。筋肉に沿って貼るため、より効果が出るというデータもあるそうです。http://www.salonpas.jp/pc/howto/

ただ、貼る枚数には注意したいですね。小さい湿布を使うか、大判を切って小さくして使うと良いと思います。皆さんも、適切な使用で良い貼り薬ライフを送ってくださいね。

The following two tabs change content below.
みわ
某大手薬局の、店長・管理薬剤師。 珍スポトラベラーとして全国を行脚している顔も持つ。 TiN:http://zoudazou.blogspot.jp/ ハイエナズクラブ:http://hyenasclubs.org/
みわ

最新記事 by みわ (全て見る)